腰痛治療は病院が1番~ボディーメンテナンス情報発信所~

病院

筋肉の柔らかさが重要

	医者

痛みの発生メカニズム

腰痛は、人間が生活していく上で非常に厄介なものです。腰は人間の体の要というだけあって、すべての動作で腰を使わないものはありません。腰痛は膝などと同様に関節の痛みと思われがちですが、そうではありません。腰痛の発生メカニズムは、腰周辺の筋肉が何かしらの原因により固まることで、神経を圧迫することで発生するのです。そのため、腰の使いすぎがトリガーとなることはあっても、原因となることは非常に少ないのです。そのため、腰痛を防ぐには、いかに腰周辺の筋肉を柔軟にするかが重要となります。お風呂上がりのストレッチは、非常に有効です。デスクワークで椅子に座る時間が長い人は特に要注意です。休憩がてら前屈運動などをすることで、筋肉をほぐすようにしてください。

足の痺れを逃さない

筋肉を常にほぐす事を心がけている人でも、腰痛を発症することは当然あります。痛みの具合は、人それぞれです。激しい運動が出来ないくらいの人もいれば、日常生活を送ることすら困難な人もいます。日常生活を送ることが困難な状態になってしまうと、そこから完治させるには時間がかかってしまいます。そうならないためにも、いち早く体のサインを察知し、早急に対処する必要があります。その体のサインとは、臀部から足首までの下半身にくる痺れです。下半身に痺れが来るということは、筋肉の硬化が進み、坐骨神経を圧迫しているからです。このサインに気づかないと、坐骨神経痛も併発し、腰痛が悪化してしまうので要注意です。足の痺れを確認したら、直ちに医者に診てもらうようにしてください。

ストレスや食生活が要因

	看護師

潰瘍性大腸炎は胃潰瘍のように大腸の粘膜に異常が発する病気です。ストレスや食生活の変化などにより患者が急増していることが特徴です。潰瘍性大腸炎から大腸がんに発展することもあるため、早期治療することが最も大事になります。

» 詳細へ

工夫して探す

自然

空港が近く人通りも多い世田谷区には、内科も多くあります。そして、いろいろな症状に応じて診てもらえます。しかし、先生によっては、専門の研究内容もあるので、場合によって専門の設備が整っている病院もあるので、症状に応じて使い分けをしてみてもいいでしょう。

» 詳細へ

進行が早いがん

	女性

進行の早いがんの1つに「咽頭がん」があります。喫煙習慣や日常的に飲酒をしているという場合には、がん発生のリスクを高めることに繋がりますので、注意が必要です。食道がんや口腔がんと併発する可能性もあります。

» 詳細へ