腰痛治療は病院が1番~ボディーメンテナンス情報発信所~

病棟

ストレスや食生活が要因

	看護師

胃潰瘍の大腸版

潰瘍性大腸炎の症状は、下痢や腹痛だけでなく、粘血便なども引き起こします。大腸粘膜が炎症を起こしてただれ、潰瘍を形成するのが潰瘍性大腸炎です。食生活が発症に深く影響している病気であり、日本人の食生活の欧米化に伴い、日本人も急速に潰瘍性大腸炎にかかることが多くなっています。原因は様々です。胃潰瘍のように体の中に異常な抗体ができ、自分の大腸粘膜を攻撃することで潰瘍になるケースがほとんどですが、その要因はストレスであったり食生活であったり、飲酒や喫煙など様々です。もちろん遺伝子レベルの要因や腸内細菌の変化など要因が様々に絡み合って生じるものなのです。症状が発症することで病院で大腸内視鏡検査を行うことで発覚することがほとんどです。

早期治療が大事

潰瘍性大腸炎は適切な治療を施すことで完治する病気です。しかし重症度であれば、手術などをしなければならないケースもあります。潰瘍性大腸炎から大腸がんに合点するケースもあるため、早期治療は必須です。胃潰瘍と同様解消性大腸炎はよくなったり悪くなったりします。しかし一度良くなったからと言って治療をやめることで再発することも多々あります。そのため根気よく治療を続けることが大事なのです。食事制限をすることで治療を早く進める効果もあります。高脂肪や繊維質の多い食事は大腸に負担をかけるためできる限り避けること、そしてアルコールや香辛料を控えることが大事です。また日常生活においてストレスをかけないようにすることも大事です。